FC2ブログ
旅好き高じて旅行会社勤務、当時の役得から、お得な旅にしか触手が伸びず。 お気に入りの観光地、安い旅のタネ、業界の裏側などを紹介。 旅かば♪の旅にお付き合いください(^_^)
北の島
仕事をやめた。
失恋し、身体を壊し、仕事の方もにっちもさっちも行かなくなって、生活をリセット。
これを全部まとめて打ち明けた人は、まだ誰もいない。

退職金をつぎ込んで、旅に出た。
前半は、心配して仕事を休んでついてきてくれた友だちとイギリス、スコットランドを放浪。
一応、宿は数日分は予約してから出かけた。
レンタカーで西海岸沿いをドライブ。
スカイ島のさらに外れ、人っ子ひとりいない海岸で、サーチライトのように強烈な光を放つ月を見た。


さすがに2週間目には、友人はスコットランドの小さな町で別れて帰国。
残りは1人で、宿も決めず、北の果てに行こうとだけ決めて、オークニー諸島へ。

小さな町で老婦人の家のB&Bに泊まる。
よかったら居間にいらっしゃい、と言われたが、あの時の自分にはできないことだった。
ツインのシングルユース、きれいな客間で、ひとり夜を過ごした。
ベッドの上に広げた荷物が、いつになっても片づかない。
それでもあの老婦人の孤独は、わたしには手の届かないものだった。

パフィンを見に行くバスツアーに申し込んだ。断崖絶壁を訪ねる旅。
人数がそろわず催行されなかった。
今思い返せば、それは幸いだったのかも知れない……

行く当てがなくなって、島を散歩した。海辺の誰もいない道を歩き、浜辺のベンチでパンとりんごとヨーグルトの昼食をとる。
1人の旅で撮った写真は寂しい。
ただ、北の灰色の空と海だけでも充分さみしいのに。
1人なら泣けるかと思ったけれど、泣けなかった。

牧草地の小道をたどっていたら、わたしの物思いを粉々にする勢いで、飛び出してきた犬。
dog.gif


男の子と母親があとから現れ、にっこり挨拶してすれ違う。
なぜか自分の思いが可笑しくなった。

旅立つ前から、ホンの少しだけ、帰らないのではないかと自分自身恐れていて、旅行の最後の方に、イベントへの参加を予約したりの小細工もしていた。
けれど、ちゃんと自分の立てた旅程通り、わたしは家に帰った。
今も思い返すと、あの旅の間だけ、薄い紗がかかったように別の種類の記憶になっている。
何度もあの旅の旅行記を書こうと思ったけれど、まだ果たせずにいる。
スポンサーサイト



テーマ:一人旅 - ジャンル:旅行

季節がよくなったらモンゴルの草原へ
もう10年位前のことなんですが、夏休みにモンゴル旅行に行ったことがあります。
乗馬キャラバン、っていう、モンゴル旅行ではすでに定番化している、人気のワイルドな企画です。

plain.jpg


テントを張って馬に乗って旅をするわけですよ。
これは本当に面白いです。
馬に乗ったことのない人でも、すぐに乗れるようになります。
モンゴル馬は、日本で乗馬に使われているようなクウォーターホースやサラブレッドより一回り以上小さくて、穏やかな性質ですし、旅に同行してくれる牧童さんの目が行き届いているので、まず危ないこともありません。

草原は空気が澄んでいて、草のにおいはさわやか。とても遠くまで見通せます。ちょっと向こうに見える丘を目指して馬を駆っても、いつになっても近づかず、日本での距離感覚が大きく狂います。

四方に地平線が見える草原の日没は、恐ろしいほど美しい景色です。
夜になれば星は満天を埋め尽くし、せっかく持っていった星座早見盤も何の役にも立たないほど。

遊牧民のゲルを訪問すると、馬乳酒を振舞ってもらえることも。
朝青龍関やモンゴル出身の力士がする姿で、日本でおなじみになった、天と地に感謝を捧げる仕草をまねて、いただきます。

食事は羊肉が主なので、おなかを壊す人もいるため、おかゆのレトルトパックなんて持っていくといいかも。
モンゴルは野菜の栽培が少なく、野菜料理はほとんど出ません。
ツアーが組まれている旅行シーズンは真夏ですが、夜は恐ろしいほど冷え込みますので、防寒儀の準備は絶対必要です。夜テントで使う寝袋は二重でしたよ(^^;

……書いているうちに、またあの大地に行ってみたくなってしまいました。
わたしも数十カ国の訪問経験があるのですが、死ぬ前にもう一度行ってみたいところ、と思って数えたら、モンゴルが筆頭に挙がることが多いです。

テーマ:旅行計画 - ジャンル:旅行

秘境とリゾート
この間続けて二回ほど、テレビでイースター島の紹介をしているのを見てしまいました。
イースター島、行ってみたいですよね。
モアイがたってても寝ていても見てみたいし、昔はあの島が緑に覆われた豊かなところで、たくさん人が住んでいて、それから荒地になっちゃった、なんて歴史を聞くと、人間の業のようなものを感じて余計に興味をそそられます。

そして、観光の魅力とは別にもう一つ気になることがあります。
日本からの交通手段は、タヒチ経由の飛行機なんだけど(さすがに日本からチリ経由で行く人はめったにいない)、タヒチとの組み合わせのツアーってどんなだろう(笑)
実は、イースター島の旅行を扱っているところって、上記の理由でタヒチなどのビーチリゾート専門にやっているところも多いんですよ。
秘境とビーチリゾート、両面の魅力から攻めてみたいなあ。
でもさすがにイースター島は遠いし、タヒチも格安のリゾートとは言えないので、そこそこお値段も張るし、旅行期間も長くなるので、現役世代には結構厳しいですね。